突然の痛みでつらかった坐骨神経痛

それまでは骨の痛みを感じたり、腰痛があるわけではなかったので驚きました。

前触れもなく痛みは突然やってきました。

少し身体を動かすだけでも激痛が走ります。

痛みを我慢しながら、一日仕事をするのも大変でした。

整形外科で受診し診察をしてもらった結果、坐骨神経痛と診断されました。

医師の診断では同じような姿勢で仕事をしているとなりやすいと、説明を受けました。

確かに仕事柄毎日同じ姿勢でした。

しかも少し変形した向きにデスクをかまえていたので

これが原因なのかと思ったのです。

デスクの左側にパソコンを設置しています。

パソコンに向かう時はどうしても身体を左にひねらなければなりません。

そして足はまっすぐに正面を向いているわけですから、身体と足が同じ方向にむいているのではなかったのです。

それを医師に話すと、その姿勢が直接の原因だと言われました。

呼吸をすることもできないくらい傷みが増していたので、痛み止めの注射を打ってもらいました。

そして飲み薬とシップを処方してもらいました。

飲み薬は痛み止めですから、すぐに効果はありました。

傷みがとまったからといって油断はしないようにと言われました。

これまでとっていた姿勢を長時間は禁止と説明をされたのですが、仕事場のデスクの位置とパソコンの位置を考えなければなりませんでした。

習慣化されないように身体をいたわることも大事です。

坐骨神経痛の痛みを考えると、二度となりたくないと思いました。

腰の部分は人の中心部になるので気をつけなければなりません。

関連サイト・・》》坐骨神経痛・座骨神経痛・座骨神経痛を治したい│漢方薬の健康堂薬局